生活保護でも借りれるカードローン?

カードローンというものは、ここ最近、審査基準が厳重になって、定期的な収入がないと借り入れできないというイメージがわきます。
専業主婦や無職といった収入のない場合には借りることはできません。
ただ、大手以外の中小貸金業者などなら、働けない生活保護の家庭であってもカードローンで借り入れ利用が出来る場合があります。
いくつものカードローン会社があるものですがセゾンは実にお勧めしたいと思います。
セゾンは大手の会社であるから安心して申し込みが可能です。
インターネットで申し込みをすれば借入れ金の振り込みも早くしてくれますからどこよりもオススメでしょう。
一言で言えば、お金を借りることは無収入の主婦でも可能です。
具体的に言えば、無収入で、パートナーの同意がもらえない場合であっても、借入総額の制限のオブジェクト外であるお金の貸与や預金を行う金融機関のカードローンであれば、パートナーにバレてしまうことなくお金を借りることが可能です。
貸金業にかかわる法改正により1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のカードローンで借りるをする場合は年収額の証明が必要ですが、裏を返せばそれより下であれば年収がいくらであるか証明しなくてもよいと言うことができます。
ただし、それより少なくても年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。
クレジットカードの限度額には「ショッピング枠」、「カードローン枠」、「利用限度額」の3つが存在するみたいです。
利用が可能な金額の上限以内に残り2つの枠も含まれるようですが、私は専らショッピング時にしか使用したことがありません。
キャッシングはどのようにすれば利用できるのでしょうか。
想定外の場合のために知っておきたいです。