ETCカードクレジットカードの金利手数料は?

ETCカードクレジットカードは、商品やサービスを購入したり飲食をする際に決済する方法のひとつです。
盤面に刻印された16桁の数字やバーコードより提携ブランドや所有者、運営会社が識別できる仕組みになっています。
ユーザーが利用することで売り上げになりますが意外なことに支払回数が2回までは金利手数料がかからないのです。
ユーザーの利用で売り上げが無いときは立て替えるメリットはあるのでしょうか。
実は会員だけでなく、加盟店からも手数料が支払われているので運営会社が損になることはありません。
飲み会や打ち上げ会の支払でもETCカードつきのクレジットカードを使うと手早く精算をすませることができるので、非常にスムーズです。
手数料が運営会社の大きな収入源なのですが一般ユーザーで加盟店も料金を徴収されていることは知っている人は少ないと思います。
営業の種類によって店舗が支払う加盟料には差があり風俗店などの業種が一番高く7%から10%に設定されています。
利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。
3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なので店舗が利用代金の負担を要求してきても、それは加盟料なので負担すべき料金ではありません。
現金をあまり持ち合わせてない時クレジットカードがあればとても便利です。
クレジットカードを発行する会社は沢山ありますからどこの会社にしようか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
もし、決断できずにいる時はクレジットカードを比較してみると良いです。
ETCつきクレカの比較はネットからクレジットカードの比較サイトなどが参考になるでしょう。